今後の教育における変容| 初心者だからと言い訳しない|プログラミングに君もなれる
勉強道具

初心者だからと言い訳しない|プログラミングに君もなれる

今後の教育における変容

システム

変化による利点

様々な教育現場で今、検討されているのがプログラミング授業の導入です。こうした授業の導入により、いくつかの利点が挙げられます。主な点の1つに、教員から生徒への一方的な内容伝達、という従来型教育体制の非効率化を改善する事が挙げられます。教員と生徒との間の双方的やり取り、あるいは生徒の積極的能動姿勢を養うために、プログラミングを通した実践と確認の繰り返しは有効だと考えられています。また効率的に論理を組み立て、必要な部分を選択する論理的直感力を養うという点も挙げられます。プログラミングでは単にプログラムコードを書くだけでなく、目的を成し遂げるための本当に必要なコードを見極め、整頓された記述にする事が求められます。そのためには素早い論理的直感力と呼べる能力が必要になるため、プログラミングがそれを練習する一環になり得ると考えられています。また、現在ではこのプログラミングを専門に学ぶことができる専門学校なども多数登場しており、入学希望者は年々増加しています。

変化が求められた背景

そもそもプログラミング教育の導入に注目が集まり、進められる様になった背景には、いくつかの理由が挙げられます。第1には社会的人材のニーズが指摘されます。近年ではプログラミングを含めたIT人材の不足を示すデータが存在します。それに対してプログラミングを通じてITに対する慣れの機会を増やし、拡大が予測されるIT分野への人材育成の一環にしようとする狙いが挙げられます。また第2には、今後はIT分野での新技術が現場により根強く導入される面があります。教育体制にもそうしたシステムに教員・生徒双方が対処可能とする事が不可欠だと言われており、プログラミングはシステムの構造を理解する一環となります。これらの理由を始め、プログラミングを含めたITへの順応が求められる背景が複数存在します。